診療科目

整形外科・リウマチ科・リハビリ科

クリニックからのお知らせ

骨密度検査を受診しましょう
 骨粗鬆症の患者さんが年々増加し、今では約1,100万人ともいわれています。骨粗鬆症とは骨がもろく
弱くなることで、加齢とともに年々減少していく「骨密度」の低減が主な原因です。女性はホルモンの関係
で閉経を迎える時期を境に一気に骨密度が低下し、50歳以上の女性の場合、3人に1人が骨粗鬆症ともいわ
れています。家族性の要因もあります。「静かな病気」といわれていて、自覚症状がなく、骨折して初めて
その状態に気づく怖い病気です。高齢での骨折は万病の原因となり、放置すれば寝たきりになるリスクも
伴いますのでぜひ検査を受診しましょう。

更新情報・お知らせ